本日の金相場プラチナ相場

国内金価格・プラチナ価格とNY金相場・プラチナ相場、為替・ドル円相場のチャートとテクニカル情報を日々チェック。独自の相場観とデータ分析を元に相場動向を分析します。

ワクチン+政権移行+ダウ3万ドルに急落のNY金、半値戻し到達

ワクチン+政権移行+ダウ3万ドルに急落のNY金、半値戻し到達

ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ。合言葉のように新型コロナウイルス対応ワクチンの進展状況が日々伝えられ、一般への供給拡大も現実味を帯びる状況となるなか、3社以外にも追随する製薬会社もあって今週は「来年夏までに10種類程度のワクチンが出揃う可能性」などの報道もあり、市場の安心感のベースになりつつある様子も。
加えて24日にはバイデン次期政権への移行プロセスが正式にスタート。トランプ大統領も徐々に敗北を認めるような言動も見られ始め、政権移行に向けての不透明感払拭もリスク選好の流れをサポート。米株主要3指数は競い合うように過去最高値更新が続き、ダウは史上初の3万ドル到達。

安全資産売りとなってNY金は下げ渋っていた1850ドル近辺、3月安値から8月最高値までの38.2%戻し(1845.4)、逆三尊形成への可能性など複数のサポートを突き抜けて急落。

バンドウォークとなって急落局面を形成したNY金は1800ドルの大台でも下げ止まらず、今週末には3月安値から8月最高値までの半値戻し(1770.1)付近となる1776.5ドルまで下落。
短期的には11月9日高値1966.1ドルから同日安値で1848.0ドルまで118.1ドルの急落後、11月16日高値で1898.0ドルまで反発。これを起点に118.1ドル下落した場合の水準は1779.9ドル。N計算値で想定される安値水準までしっかり下げた状態にも。

従って安易に下げ止まり濃厚、と見るのも微妙なところ。タイミング的にも微妙な時期となり、次週の雇用統計までの重要指標で予想外にネガティブな結果が飛び出すようなら株高の調整とともに一定の反発も予想されるものの、ポジティブな結果となって世界同時株高の流れが一段と加速するような事態となった場合には、さらなる売り圧力に。

8月の最高値を起点に下降チャネルを形成中のようにも見え、上方向には38.2%戻し(1845.4)付近が当面の抵抗水準にもなりやすく、下限ラインは12月半ばに向けて1700ドル近辺まで下落。下方向には61.8%戻し(1694.7)も意識される可能性も否定はできません。
この61.8%戻しの水準はコロナショックの前後、2月末から4月初旬までの高値圏にも相当。ここまで下げた場合、コロナ後の上昇分を全て帳消しにすることになります。

スポンサーリンク
 


ワクチン相場vs感染拡大、NY金は逆三尊で我慢の展開(11/22)
ワクチン相場で急落のNY金、調整38.2%を維持して下げ渋り(11/15)
決着しない大統領選、NY金は反発の38.2%超えへ見切り発進(11/8)

金プラチナ相場とドル円 NY市場11/27終値とチャート

2020年11月27日NY市場終値、金相場は前日比-17.4ドルとなりました。
プラチナ相場は前日比-5.0ドルとなりました。

NY市場金相場推移 2020年11月27日

NY市場金相場推移 2020年11月27日

過去31日の高値:1,951.7(11/6) 安値:1,788.1(11/27) 変動値幅:163.6 変動率:9.1%

2020年11月27日終値 NY市場金相場:
PRICE(価格):1,788.1ドル/toz(前日比-17.4ドル・騰落率-1.0%)
9MA(9日移動平均):1,846.3ドル/toz(乖離率:-3.2%)
21MA(21日移動平均):1,872.1ドル/toz(乖離率:-4.5%)
90MA(90日移動平均):1,924.1ドル/toz(乖離率:-7.1%)
90日移動平均乖離率が要注意ゾーン-5%に達しています...
RSI(9):10.7%
RSI(14):21.2%
RSI(14)が要注意ゾーン22%に達しています...

※1toz(トロイオンス)=31.1035g

NY市場プラチナ相場推移 2020年11月27日

NY市場プラチナ相場推移 2020年11月27日

過去31日の高値:969.8(11/25) 安値:848.4(10/30) 変動値幅:121.4 変動率:12.6%

2020年11月27日終値 NY市場プラチナ相場:
PRICE(価格):964.8ドル/toz(前日比-5.0ドル・騰落率-0.5%)
9MA(9日移動平均):949.9ドル/toz(乖離率:1.6%)
21MA(21日移動平均):907.6ドル/toz(乖離率:6.3%)
90MA(90日移動平均):916.9ドル/toz(乖離率:5.2%)
90日移動平均乖離率が要注意ゾーン4%に達しています...
RSI(9):76.5%
RSI(14):63.6%

為替ドル円推移 2020年11月27日

為替ドル円推移 2020年11月27日

過去31日の高値:105.50(10/20) 安値:103.36(11/6) 変動値幅:2.14 変動率:2.1%

2020年11月27日終値 為替ドル円
PRICE(価格):104.08円/ドル(前日比-0.17円・騰落率-0.2%)
9MA(9日移動平均):104.156円/ドル(乖離率:-0.1%)
21MA(21日移動平均):104.434円/ドル(乖離率:-0.3%)
90MA(90日移動平均):105.323円/ドル(乖離率:-1.2%)
RSI(9):37.6%
RSI(14):29.8%
RSI(14)が要注意ゾーン32%に達しています...
※相場価格はNY市場終値
※nMA(n日移動平均線)は過去n日間の単純移動平均
※RSI(n):A/(A+B)×100
 A:n日間の上昇値幅合計
 B:n日間の下降値幅合計

チャートの詳細説明・見方はこちら



NY金相場1ドル変動 => 国内金価格は約3.3円変動
ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内金価格は約5.7円変動
NYプラチナ相場1ドル変動 => 国内プラチナ価格は約3.3円変動
ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内プラチナ価格は約3.1円変動

90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

ワクチン相場vs感染拡大、NY金は逆三尊で我慢の展開(11/22)
ワクチン相場で急落のNY金、調整38.2%を維持して下げ渋り(11/15)
決着しない大統領選、NY金は反発の38.2%超えへ見切り発進(11/8)

金プラチナ国内価格11/27とチャート

2020年11月27日の国内、金価格は前日比-9円、プラチナ価格は前日比-23円となりました。

国内金価格推移 2020年11月27日

国内金価格推移 2020年11月27日

過去31日の高値:7,092(10/21) 安値:6,618(11/27) 変動値幅:474 変動率:7.2%

本日の国内金価格(買取):
PRICE(価格):6,618円/g(前日比-9円・騰落率-0.1%)
9MA(9日移動平均):6,777.2円/g(乖離率:-2.3%)
21MA(21日移動平均):6,875.7円/g(乖離率:-3.7%)
90MA(90日移動平均):7,095.0円/g(乖離率:-6.7%)
90日移動平均乖離率が危険ゾーン-6%に達しています...
RSI(9):5.3%
RSI(14):11.1%
RSI(14)が危険ゾーン15%に達しています...

国内プラチナ価格推移 2020年11月27日

国内プラチナ価格推移 2020年11月27日

過去31日の高値:3,492(11/26) 安値:3,096(11/2) 変動値幅:396 変動率:11.4%

本日の国内プラチナ価格(買取):
PRICE(価格):3,469円/g(前日比-23円・騰落率-0.7%)
9MA(9日移動平均):3,397.0円/g(乖離率:2.1%)
21MA(21日移動平均):3,285.8円/g(乖離率:5.6%)
90MA(90日移動平均):3,344.0円/g(乖離率:3.7%)
RSI(9):81.6%
RSI(14):74.4%


90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

ワクチン相場vs感染拡大、NY金は逆三尊で我慢の展開(11/22)
ワクチン相場で急落のNY金、調整38.2%を維持して下げ渋り(11/15)
決着しない大統領選、NY金は反発の38.2%超えへ見切り発進(11/8)

金プラチナ国内価格11/26とチャート

2020年11月26日の国内、金価格は前日比-8円、プラチナ価格は前日比+21円となりました。

国内金価格推移 2020年11月26日

国内金価格推移 2020年11月26日

過去31日の高値:7,110(10/13) 安値:6,627(11/26) 変動値幅:483 変動率:7.3%

本日の国内金価格(買取):
PRICE(価格):6,627円/g(前日比-8円・騰落率-0.1%)
9MA(9日移動平均):6,811.1円/g(乖離率:-2.7%)
21MA(21日移動平均):6,894.5円/g(乖離率:-3.9%)
90MA(90日移動平均):7,097.2円/g(乖離率:-6.6%)
90日移動平均乖離率が危険ゾーン-6%に達しています...
RSI(9):11.0%
RSI(14):22.1%

国内プラチナ価格推移 2020年11月26日

国内プラチナ価格推移 2020年11月26日

過去31日の高値:3,492(11/26) 安値:3,096(11/2) 変動値幅:396 変動率:11.3%

本日の国内プラチナ価格(買取):
PRICE(価格):3,492円/g(前日比+21円・騰落率0.6%)
9MA(9日移動平均):3,370.3円/g(乖離率:3.6%)
21MA(21日移動平均):3,275.1円/g(乖離率:6.6%)
90MA(90日移動平均):3,340.4円/g(乖離率:4.5%)
90日移動平均乖離率が要注意ゾーン4%に達しています...
RSI(9):87.7%
RSI(14):79.5%
RSI(14)が要注意ゾーン78%に達しています...


90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

ワクチン相場vs感染拡大、NY金は逆三尊で我慢の展開(11/22)
ワクチン相場で急落のNY金、調整38.2%を維持して下げ渋り(11/15)
決着しない大統領選、NY金は反発の38.2%超えへ見切り発進(11/8)

金プラチナ相場とドル円 NY市場11/25終値とチャート

2020年11月25日NY市場終値、金相場は前日比+0.9ドルとなりました。
プラチナ相場は前日比+11.5ドルとなりました。

NY市場金相場推移 2020年11月25日

NY市場金相場推移 2020年11月25日

過去31日の高値:1,951.7(11/6) 安値:1,804.6(11/24) 変動値幅:147.1 変動率:8.1%

2020年11月25日終値 NY市場金相場:
PRICE(価格):1,805.5ドル/toz(前日比+0.9ドル・騰落率0.0%)
9MA(9日移動平均):1,857.2ドル/toz(乖離率:-2.8%)
21MA(21日移動平均):1,876.4ドル/toz(乖離率:-3.8%)
90MA(90日移動平均):1,925.0ドル/toz(乖離率:-6.2%)
90日移動平均乖離率が要注意ゾーン-5%に達しています...
RSI(9):21.8%
RSI(14):23.9%

※1toz(トロイオンス)=31.1035g

NY市場プラチナ相場推移 2020年11月25日

NY市場プラチナ相場推移 2020年11月25日

過去31日の高値:969.8(11/25) 安値:848.4(10/30) 変動値幅:121.4 変動率:12.5%

2020年11月25日終値 NY市場プラチナ相場:
PRICE(価格):969.8ドル/toz(前日比+11.5ドル・騰落率1.2%)
9MA(9日移動平均):942.2ドル/toz(乖離率:2.9%)
21MA(21日移動平均):903.3ドル/toz(乖離率:7.4%)
90MA(90日移動平均):916.8ドル/toz(乖離率:5.8%)
90日移動平均乖離率が要注意ゾーン4%に達しています...
RSI(9):81.4%
RSI(14):64.9%

為替ドル円推移 2020年11月25日

為替ドル円推移 2020年11月25日

過去31日の高値:105.50(10/20) 安値:103.36(11/6) 変動値幅:2.14 変動率:2.0%

2020年11月25日終値 為替ドル円
PRICE(価格):104.47円/ドル(前日比+0.01円・騰落率0.0%)
9MA(9日移動平均):104.254円/ドル(乖離率:0.2%)
21MA(21日移動平均):104.462円/ドル(乖離率:0.0%)
90MA(90日移動平均):105.375円/ドル(乖離率:-0.9%)
RSI(9):34.8%
RSI(14):60.1%
※相場価格はNY市場終値
※nMA(n日移動平均線)は過去n日間の単純移動平均
※RSI(n):A/(A+B)×100
 A:n日間の上昇値幅合計
 B:n日間の下降値幅合計

チャートの詳細説明・見方はこちら



NY金相場1ドル変動 => 国内金価格は約3.4円変動
ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内金価格は約5.8円変動
NYプラチナ相場1ドル変動 => 国内プラチナ価格は約3.4円変動
ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内プラチナ価格は約3.1円変動

90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

ワクチン相場vs感染拡大、NY金は逆三尊で我慢の展開(11/22)
ワクチン相場で急落のNY金、調整38.2%を維持して下げ渋り(11/15)
決着しない大統領選、NY金は反発の38.2%超えへ見切り発進(11/8)