本日の金相場プラチナ相場

国内金価格・プラチナ価格とNY金相場・プラチナ相場、為替・ドル円相場のチャートとテクニカル情報を日々チェック。独自の相場観とデータ分析を元に相場動向を分析します。

金プラチナ国内価格2/7とチャート

2023年2月7日の国内、金価格は前日比+39円、プラチナ価格は前日比+12円となりました。

国内金価格推移 2023年2月7日

国内金価格推移 2023年2月7日

過去31日の高値:8,857(1/25) 安値:8,348(12/23) 変動値幅:509 変動率:5.9%

本日の国内金価格(買取):
PRICE(価格):8,698円/g(前日比+39円・騰落率0.5%)
9MA(9日移動平均):8,763.0円/g(乖離率:-0.7%)
21MA(21日移動平均):8,722.1円/g(乖離率:-0.3%)
90MA(90日移動平均):8,594.0円/g(乖離率:1.2%)
RSI(9):18.6%
RSI(14):59.1%

国内プラチナ価格推移 2023年2月7日

国内プラチナ価格推移 2023年2月7日

過去31日の高値:4,959(1/11) 安値:4,497(2/6) 変動値幅:462 変動率:10.2%

本日の国内プラチナ価格(買取):
PRICE(価格):4,509円/g(前日比+12円・騰落率0.3%)
9MA(9日移動平均):4,575.0円/g(乖離率:-1.4%)
21MA(21日移動平均):4,691.8円/g(乖離率:-3.9%)
90MA(90日移動平均):4,720.6円/g(乖離率:-4.5%)
RSI(9):18.2%
RSI(14):37.8%


90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

大台トライ失敗のNY金、要注意ポイントは2月半ばの38.2%(2/5)
NY金2000ドルの大台再トライへ、チャンスはFOMC直後?(1/29)
NYプラチナの中長期三角保合いと短中期上昇チャネル(1/22)

金プラチナ相場とドル円 NY市場2/6終値とチャート

2023年2月6日NY市場終値、金相場は前日比+2.9ドルとなりました。
プラチナ相場は前日比-5.7ドルとなりました。
NYプラチナは年初来安値を更新しました。

NY市場金相場推移 2023年2月6日

NY市場金相場推移 2023年2月6日

過去31日の高値:1,945.3(1/31) 安値:1,795.3(12/22) 変動値幅:150.0 変動率:8.0%

2023年2月6日終値 NY市場金相場:
PRICE(価格):1,879.5ドル/toz(前日比+2.9ドル・騰落率0.2%)
9MA(9日移動平均):1,924.0ドル/toz(乖離率:-2.3%)
21MA(21日移動平均):1,913.0ドル/toz(乖離率:-1.8%)
90MA(90日移動平均):1,779.4ドル/toz(乖離率:5.6%)
RSI(9):24.1%
RSI(14):39.1%

※1toz(トロイオンス)=31.1035g

NY市場プラチナ相場推移 2023年2月6日

NY市場プラチナ相場推移 2023年2月6日

過去31日の高値:1,104.3(1/6) 安値:974.6(2/6) 変動値幅:129.7 変動率:13.3%

2023年2月6日終値 NY市場プラチナ相場:
PRICE(価格):974.6ドル/toz(前日比-5.7ドル・騰落率-0.6%)
9MA(9日移動平均):1,013.0ドル/toz(乖離率:-3.8%)
21MA(21日移動平均):1,045.3ドル/toz(乖離率:-6.8%)
90MA(90日移動平均):993.9ドル/toz(乖離率:-1.9%)
RSI(9):21.6%
RSI(14):31.4%


為替ドル円推移 2023年2月6日

為替ドル円推移 2023年2月6日

過去31日の高値:134.46(12/28) 安値:127.86(1/13) 変動値幅:6.60 変動率:5.0%

2023年2月6日終値 為替ドル円
PRICE(価格):132.64円/ドル(前日比+1.45円・騰落率1.1%)
9MA(9日移動平均):130.182円/ドル(乖離率:1.9%)
21MA(21日移動平均):129.997円/ドル(乖離率:2.0%)
90MA(90日移動平均):138.089円/ドル(乖離率:-3.9%)
90日移動平均乖離率が要注意ゾーン-3%に達しています...
RSI(9):65.6%
RSI(14):68.9%
※相場価格はNY市場終値
※nMA(n日移動平均線)は過去n日間の単純移動平均
※RSI(n):A/(A+B)×100
 A:n日間の上昇値幅合計
 B:n日間の下降値幅合計

チャートの詳細説明・見方はこちら



NY金相場1ドル変動 => 国内金価格は約4.3円変動
ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内金価格は約6.0円変動
NYプラチナ相場1ドル変動 => 国内プラチナ価格は約4.3円変動
ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内プラチナ価格は約3.1円変動

90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

大台トライ失敗のNY金、要注意ポイントは2月半ばの38.2%(2/5)
NY金2000ドルの大台再トライへ、チャンスはFOMC直後?(1/29)
NYプラチナの中長期三角保合いと短中期上昇チャネル(1/22)

金プラチナ国内価格2/6とチャート

2023年2月6日の国内、金価格は前日比-3円、プラチナ価格は前日比-87円となりました。
国内プラチナ価格は年初来安値を更新しました。

国内金価格推移 2023年2月6日

国内金価格推移 2023年2月6日

過去31日の高値:8,857(1/25) 安値:8,348(12/23) 変動値幅:509 変動率:5.9%

本日の国内金価格(買取):
PRICE(価格):8,659円/g(前日比-3円・騰落率-0.0%)
9MA(9日移動平均):8,780.7円/g(乖離率:-1.4%)
21MA(21日移動平均):8,716.4円/g(乖離率:-0.7%)
90MA(90日移動平均):8,590.5円/g(乖離率:0.8%)
RSI(9):12.0%
RSI(14):50.3%

国内プラチナ価格推移 2023年2月6日

国内プラチナ価格推移 2023年2月6日

過去31日の高値:4,959(1/11) 安値:4,497(2/6) 変動値幅:462 変動率:10.3%

本日の国内プラチナ価格(買取):
PRICE(価格):4,497円/g(前日比-87円・騰落率-1.9%)
9MA(9日移動平均):4,605.3円/g(乖離率:-2.4%)
21MA(21日移動平均):4,710.0円/g(乖離率:-4.5%)
90MA(90日移動平均):4,720.2円/g(乖離率:-4.7%)
RSI(9):18.8%
RSI(14):30.8%


90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

大台トライ失敗のNY金、要注意ポイントは2月半ばの38.2%(2/5)
NY金2000ドルの大台再トライへ、チャンスはFOMC直後?(1/29)
NYプラチナの中長期三角保合いと短中期上昇チャネル(1/22)

大台トライ失敗のNY金、要注意ポイントは2月半ばの38.2%

大台トライ失敗のNY金、要注意ポイントは2月半ばの38.2%

2年7ヵ月ぶり安値となる1618.3ドルで底打ちしたのが2022年11月3日、これで反転したNY金は急騰して20日移動平均線を上抜け。
これが、その後3ヵ月に及ぶ上昇トレンドの始まりに。
12月には1800ドル台、年明けには1900ドル台へと水準を切り上げ、徐々にレンジを縮小する斜行三角保合いを形成しながら1900ドル台後半へ。
2月2日には10ヵ月ぶり高値となる1975.2ドルまで上昇。

米1月雇用統計の結果次第では、2000ドルの大台再トライへと向かう展開も想定されたタイミングで、想定外のポジティブ・サプライズ。
雇用者数の大幅な伸びに加えて失業率も53年ぶり低水準となり、ドル高急進とともにNY金は急落。
これまでの上昇トレンドをサポートしてきた20日移動平均線を下抜けて一段安。
これが、ここまで3ヵ月続いた上昇トレンドの終着点となる可能性も。

リセッション懸念緩和とインフレ高止まりが続けば、FF金利早期引き下げ期待も後退していくことにも。
次の要注意ポイントとしては2月第3週。14日には米1月CPIの発表もあり、このタイミングで11月安値から2月高値の38.2%戻し(1838.9)ラインと雲の上限が交差。
軟調局面がもう少し続くようなら、2月半ばの38.2%ライン近辺は重要な攻防ポイントに。

インフレ鈍化継続が確認されたなら、いったんサポートされるのにも都合の良い水準。しかしインフレ高止まりへの懸念が強まるようだと一段安となって雲の上限を割りこみ、1800ドル割れや三役逆転をかけた攻防へと向かうことにも。
2月半ば、38.2%戻しへの警戒感が高まるようなら要注意。

スポンサーリンク
 


NY金2000ドルの大台再トライへ、チャンスはFOMC直後?(1/29)
NYプラチナの中長期三角保合いと短中期上昇チャネル(1/22)
週足三役好転、アッパーレンジのNY金はまもなく2000ドルも(1/15)

金プラチナ相場とドル円 NY市場2/3終値とチャート

2023年2月3日NY市場終値、金相場は前日比-54.2ドルとなりました。
プラチナ相場は前日比-52.3ドルとなりました。
NYプラチナは年初来安値を更新しました。

NY市場金相場推移 2023年2月3日

NY市場金相場推移 2023年2月3日

過去31日の高値:1,945.3(1/31) 安値:1,795.3(12/22) 変動値幅:150.0 変動率:8.0%

2023年2月3日終値 NY市場金相場:
PRICE(価格):1,876.6ドル/toz(前日比-54.2ドル・騰落率-2.8%)
9MA(9日移動平均):1,930.2ドル/toz(乖離率:-2.8%)
21MA(21日移動平均):1,911.1ドル/toz(乖離率:-1.8%)
90MA(90日移動平均):1,776.7ドル/toz(乖離率:5.6%)
RSI(9):26.7%
RSI(14):34.8%

※1toz(トロイオンス)=31.1035g

NY市場プラチナ相場推移 2023年2月3日

NY市場プラチナ相場推移 2023年2月3日

過去31日の高値:1,104.3(1/6) 安値:980.3(2/3) 変動値幅:124.0 変動率:12.6%

2023年2月3日終値 NY市場プラチナ相場:
PRICE(価格):980.3ドル/toz(前日比-52.3ドル・騰落率-5.1%)
9MA(9日移動平均):1,023.2ドル/toz(乖離率:-4.2%)
21MA(21日移動平均):1,049.9ドル/toz(乖離率:-6.6%)
90MA(90日移動平均):992.5ドル/toz(乖離率:-1.2%)
RSI(9):27.3%
RSI(14):28.5%


為替ドル円推移 2023年2月3日

為替ドル円推移 2023年2月3日

過去31日の高値:134.46(12/28) 安値:127.86(1/13) 変動値幅:6.60 変動率:5.0%

2023年2月3日終値 為替ドル円
PRICE(価格):131.19円/ドル(前日比+2.47円・騰落率1.9%)
9MA(9日移動平均):129.909円/ドル(乖離率:1.0%)
21MA(21日移動平均):129.973円/ドル(乖離率:0.9%)
90MA(90日移動平均):138.222円/ドル(乖離率:-5.1%)
90日移動平均乖離率が危険ゾーン-5%に達しています...
RSI(9):53.6%
RSI(14):62.6%
※相場価格はNY市場終値
※nMA(n日移動平均線)は過去n日間の単純移動平均
※RSI(n):A/(A+B)×100
 A:n日間の上昇値幅合計
 B:n日間の下降値幅合計

チャートの詳細説明・見方はこちら



NY金相場1ドル変動 => 国内金価格は約4.2円変動
ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内金価格は約6.0円変動
NYプラチナ相場1ドル変動 => 国内プラチナ価格は約4.2円変動
ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内プラチナ価格は約3.2円変動

90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

NY金2000ドルの大台再トライへ、チャンスはFOMC直後?(1/29)
NYプラチナの中長期三角保合いと短中期上昇チャネル(1/22)
週足三役好転、アッパーレンジのNY金はまもなく2000ドルも(1/15)