本日の金相場プラチナ相場

国内金価格・プラチナ価格とNY金相場・プラチナ相場、為替・ドル円相場のチャートとテクニカル情報を日々チェック。独自の相場観とデータ分析を元に相場動向を分析します。

金プラチナ国内価格6/3とチャート

2021年6月3日の国内、金価格は前日比+47円、プラチナ価格は前日比+9円となりました。
国内金価格は年初来高値を更新しました。

国内金価格推移 2021年6月3日

国内金価格推移 2021年6月3日

過去31日の高値:7,335(6/3) 安値:6,701(4/20) 変動値幅:634 変動率:8.6%

本日の国内金価格(買取):
PRICE(価格):7,335円/g(前日比+47円・騰落率0.6%)
9MA(9日移動平均):7,261.3円/g(乖離率:1.0%)
21MA(21日移動平均):7,125.0円/g(乖離率:2.9%)
90MA(90日移動平均):6,771.6円/g(乖離率:8.3%)
90日移動平均乖離率が危険ゾーン8%に達しています...
RSI(9):79.0%
RSI(14):82.4%

国内プラチナ価格推移 2021年6月3日

国内プラチナ価格推移 2021年6月3日

過去31日の高値:4,750(5/10) 安値:4,464(5/25) 変動値幅:286 変動率:6.2%

本日の国内プラチナ価格(買取):
PRICE(価格):4,582円/g(前日比+9円・騰落率0.2%)
9MA(9日移動平均):4,539.9円/g(乖離率:0.9%)
21MA(21日移動平均):4,612.4円/g(乖離率:-0.7%)
90MA(90日移動平均):4,480.2円/g(乖離率:2.3%)
RSI(9):53.0%
RSI(14):45.6%


90日移動平均乖離率のチェックポイント
RSIのチェックポイント

※各チャートの補足説明、節目やターゲット、予想などはこちらのサイト:金プラチナ短期相場観にて日々更新しています。

過熱感解消できずに要注意日、NY金は雇用統計待ちへ(5/30)
緩和縮小警戒感もじわり、でも5月後半もNY金は高止まり(5/23)
5月後半も堅調持続?なら雇用統計の6月4日がNY金の要注意日(5/16)